FC2ブログ
I always next to you
Life is full of opportunities. Try little bit harder and make dreams come true.


プロフィール

理佳の魂

  • Author:理佳の魂
  • 生活経済ジャーナリスト
    豪州・香港滞在後、中国・シンガポールで会社設立に携わる。
    TV・雑誌・新聞などで活躍する傍ら大学で講義も持つ。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ベトナム経済視察ツアー
22人と大勢でホーチミンを訪問しました。
柏木理佳と行く経済視察ツアーの3回目です。

ベトナム経済の魅力
1、アジアで中国の次にGDPが高い(約7%)
2、労働力の人口構成・25歳以下が半分を占める
3、WTO加盟したばかり
4、為替(ドン)が下がり、外資企業が中国から移動
5、人件費は中国の半分
6、株式市場は2000年にできたばかり、上場企業は100社あまり。外国人枠が49%に増加。税金の優遇。
7、中国より民営化進める改革が充実

人口は7000万人、広さとともに日本の8割程度で
中国のように13億人の市場規模は期待できませんが、
一番の魅力は原油国であること。輸出の3分の1が原油です。

ベトナム経済のリスク
1、中国経済に依存
2、ドンは下落傾向
3、社会主義国、まだ国有企業の保有が高い
4、株式市場はGDPの5%以下。7割が個人投資家が占める。外国人の口座数の半分が日本人が占めている。
5、インフラの整備が未熟

でも、同じ社会主義国とは思えないほど中国よりやさしかった。
若者の人材がベトナム経済の宝だと感じました。
6時間30分の飛行時間をかけていったかいがありました。
気温35度の暑さにゆっくりとした時間が流れているベトナム、
日本の冬に行くのがオススメですね。

スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2007/03/07 20:22】 | # [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック