FC2ブログ
I always next to you
Life is full of opportunities. Try little bit harder and make dreams come true.


プロフィール

理佳の魂

  • Author:理佳の魂
  • 生活経済ジャーナリスト
    豪州・香港滞在後、中国・シンガポールで会社設立に携わる。
    TV・雑誌・新聞などで活躍する傍ら大学で講義も持つ。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



企業倫理のかけた日本
村上ファンドの村上世彰容疑者がインサイダー容疑で逮捕され、
すぐに保釈されました。そして橋本龍太郎元総理大臣が死去しました。

日銀福井総裁のインサイダーによる退任が問われています。

いっせいを風靡した堀江容疑者のブーム、
そして株のブームも終わりました。

今の日本に問われているのは企業倫理です。
法律が整備されていない日本の証券法、商法の改善を急ぐとともに
企業倫理に基づいた仕事ができない人は退任するべきでしょう。
それは、企業倫理の崩れかけている日本経済全体の引き金になります。

私はあまり日本の良さを感じたことはなかったけど
、最近、日本独特の儒教倫理や企業倫理が
日本の良さだったのかもしれないと思うようになりました。

儒教なんて難しいことはよくわからないから
「儒教倫理と企業倫理プロジェクト」で
研究員として20人ほどの教授たちと研究しています。
研究&論文~書籍になります。




スポンサーサイト

テーマ:経済全般 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

最近特に感じるのは、例えば電車内。足を組む、組まない、、はそれぞれ個人の自由としてよいと思いのです。しかし、例えば、それが混み合ってきたらやめるだとか、大きく広げた足が邪魔になったり、例えばぶつかったりした時に『すみません』の一言もなくなってしまった社会、、こちらに大いなる失望感を抱きますね。いやあ、足だけじゃないですよ。朝から熱心に新聞(主に、経済紙か、~(^w^) ぶぶぶ・・・)を読むサラリーマン、、企業戦士のつもりか熱中しすぎか、やはり込み合ってきたらば、ひとの邪魔にならぬように 大きく広げた新聞、ちょっと注意して閉じるとか、、そういう感性がないですやね。
 そのへんに「倫理の源泉」も隠れているような気がしてなりません。

「ありがとう」「すみません」 こういう挨拶からなんでしょうね。
『おはようご財増す』はもちろんのこと、、、。

【2006/07/02 18:18】 URL | ufo #a2H6GHBU [ 編集]


おもしろそうな研究ですね。

たしかにこれからはますます
「企業」や「企業で働く人」それぞれの倫理観、
が問われるような気がします。

【2006/07/04 16:01】 URL | M.O #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック