FC2ブログ
I always next to you
Life is full of opportunities. Try little bit harder and make dreams come true.


プロフィール

理佳の魂

  • Author:理佳の魂
  • 生活経済ジャーナリスト
    豪州・香港滞在後、中国・シンガポールで会社設立に携わる。
    TV・雑誌・新聞などで活躍する傍ら大学で講義も持つ。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


土砂災害でも火災保険(水害補償セット)で家の修繕費に備えよう
台風や大雨による土砂災害が増えています。被災者の方がまず不安に思うことは、いまの生活(生活費)、自宅の修繕費です。火災保険(水害補償とセット)に加入しているか確認することです。災害に対する公的資金は、通常1~2ヶ月待機し数百万円が限度です。
 しかし、水害(水災)補償に加入している人は3割程度と少なく、水害保障を省いて火災保険だけ入る人が増加しています。危険地域、一軒家木造など場所や家の構造で毎月の保険料が違いますが、毎月1万円以上かかる人もいます。損害が30%以下だと数百万円の保険金しかでないこともありますが全壊(保険会社によっては7割以上)の場合は、保証金の全額(最高2500万円ほど)がもらえます。

<火災保険(水害補償セット)に加入する必要性>
・世界の都市の中、「津波」分野で日本は1位。「洪水」分野で「東京・横浜」が6位、「暴風雨」分野で2位。日本は土砂災害で毎年1000億円以上も被害に。
・23区では4割が水害の危険度(荒川が氾濫すると17区で浸水)
・荒川区のハザードマップでは、5メートル以上の浸水、真っ赤の危険度が最も高い地域がほとんど。
・危険地域でも住宅着工が許されていて、3階以上のみを家にするなどの建築方法の工夫や設備投資がおいつていない。

<自分で自分を守るため火災保険(水害補償)に加入すべき>
・注意点:地震による津波は地震保険で水災保険ではカバーできない。30万円以上の宝石、ツボなどの高級品贅沢品は補償されない。
・条件:45センチ以上の浸水、15~30%の場合は保険金額の10%で上限200万円、30%以上の場合で補償金の70%などが一般的だが、全損で100%保障とする保険会社もある。
・たとえば民間の火災保険(水害補償)荒川区、木造一軒家の場合、最高の保障額3000万円あまりの場合、毎月1万円ほどの掛金になる。全壊の場合は3000万円が保障されるが、一部損壊は100万円上限。

アメリカでは、「洪水危険地帯」や「住宅ローンがある人」には強制的に加入させ、フランスでは、車、財産などに強制的加入させているほど重視されている。義務化が必要だが、まずは火災保険(水害補償)に加入しているか確認すること。

https://s.mxtv.jp/morning_cross/ MX モーニングCROSSオピニオンクロス2018年7月26日出演より
http://www.fujitv.co.jp/goody/ フジテレビ グッディ!コンビニで生ビールあり?!2018年7月26日
https://toyokeizai.net/articles/-/230678 東洋経済オンライン「子供を産まない選択は勝手にモノ申す」2018年7月29日 など最近の言論:http://www.kashiwagirika.com/ 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。