FC2ブログ
I always next to you
Life is full of opportunities. Try little bit harder and make dreams come true.


プロフィール

理佳の魂

  • Author:理佳の魂
  • 生活経済ジャーナリスト
    豪州・香港滞在後、中国・シンガポールで会社設立に携わる。
    TV・雑誌・新聞などで活躍する傍ら大学で講義も持つ。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



5月1日から上海万博
5月から始まる上海万博ですが、
これまで未整備だった部分が
注視されることになりそうですね。

そのため上海市は市民に規制を強化しています。
パジャマ外出禁止、車のナンバー規制、ネット規制など・・

パジャマ規制?と驚く方もいるかもしれませんが、
夜、ネットカフェに行くとわかります。
近所に住む20-30才台の女性がパジャマ姿で・・何時間もゲーム対戦をしているのです。
中にはシャワーをあびてすぐだったのでしょう。髪は濡れたまま・・それでもゲームに熱中しているのです。

万博の歌の著作権も問題になっていますが。。
残念ながら現地では著作権の意識がまだまだ低いのです。

私が住んでいた90年代もサザンなどさまざまな日本の曲が現地の言葉で歌われていました。
地下鉄などで堂々と流されていました。私は何年長いこと日本に帰国してなかったので
おもわず現地の曲だと思っていました。
数年後、日本でカラオケに行き、はじめて現地で流れていた曲が日本の曲だったことがわかりました。
著作権はどうなっていたのか・・・(><)今より管理体制が悪かったので・・

著作権の国際的なプロが世界の万博を管理する体制がなければ、
著作権の整備は国内だけで改善するにはまだ10年はかかるでしょう。
著作権のブラックマーケットは7兆円ともいわれ、監視が難しいのが現状です。
国際的に管理体制の方法を指導することも大事です。

岡本真夜さんの歌は日本でも再び人気がでてランキングにはいっているようですね。
料金を明確にしたうえで、彼女のほうから「権利を使用してもいい」「しかし著作権の勝手な使用は
世界的に批判される」ことを指導してあげることもしたたかで賢い選択かもしれません。
中国に大きな貸しを作ること、著作権のアドバイザー的な存在になることも大事です。



スポンサーサイト

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック