FC2ブログ
I always next to you
Life is full of opportunities. Try little bit harder and make dreams come true.


プロフィール

理佳の魂

  • Author:理佳の魂
  • 生活経済ジャーナリスト
    豪州・香港滞在後、中国・シンガポールで会社設立に携わる。
    TV・雑誌・新聞などで活躍する傍ら大学で講義も持つ。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



人口の高齢化はデフレを長期化する
1)デフレはいつまで続くか?少子高齢化のため長期化する

デフレのときは政府が公共事業など公的資金を導入してきたが
今回は公共事業に期待できない。

GDP成長率がとまり人口減少にともない買い物する人、需要が減る。
デフレは需要に対して供給が多い=物が多すぎるため、
価格が安くなるのだが、少子高齢化でその傾向は続くことが懸念される。

政府の発表では91年ITバブル後にデフレを発表しているが
20年近くも続いていることになる。長期化することを覚悟する必要がある。

2)個人ではどうすればいいか?
2-1)労働は?給料が下がり失業のリスクが増える。

2-2)資産は?たとえ低金利でも、物価下落のため通貨価値が高くなる。
インフレ時期の1000万円の資産よりデフレ時期の1000万円のほうが価値が高い。
インフレよりデフレ時期のほうが得。損をするのは銀行より預金者。

2-3)借金は?デフレ時期はその金額が重くなる。インフレ時期には給料が高いため
毎月10万円のローンを簡単に早く返済していたのが、デフレ時期は同じ10万円でも
返済が大変になる。しかし低金利のため長期的にみれば大きな損ではない。

2-4)マンションを購入する時期?
マンション購入はインフレ時期のほうが得。不動産が上昇、銀行も融資金額を拡大できる。
デフレ時期の売却は下落時期で損する。

2-5)年金は?年率4%上昇をベースに設定されているが現在0.5%ほどのため
今後はさらに目減りする。

3)得する人・企業は?
生産者より消費者、生活にかかせない食料、トイレタリーなど必需品などの企業、
民間労働者より給料の減少が少ない公務員、
資産より今のところ減らない年金や社会保障額、


4)政府の解決策は?
公定歩合はすでに低い。
産業構造の転換(環境、介護、最新技術、高い付加価値、高齢者の能力の積極的な活用)。

5)個人の解決策は?
5-1)株は電力やガスなど株価が安く配当が高い株に注目。
5-2)デフレが続けガ土地は今後も下がることが懸念されるが、倒産で売却する人も出るため
将来性のある場所で掘り出し物を探す。
5-3)海外はインフレが多い。金利の高い国の外貨を持つ。
新興国の株に注目。
6)会社員は、ホワイトカラーの大幅リストラ、ワークシェアリングなどにより時間ができる
ため勉強、資格取得などで数年後、移動が理想。











スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック