FC2ブログ
I always next to you
Life is full of opportunities. Try little bit harder and make dreams come true.


プロフィール

理佳の魂

  • Author:理佳の魂
  • 生活経済ジャーナリスト
    豪州・香港滞在後、中国・シンガポールで会社設立に携わる。
    TV・雑誌・新聞などで活躍する傍ら大学で講義も持つ。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



国民を混乱させたのは民主党のせい
○国民を混乱させたたガソリン料金!
でも振り回されることはもっと増えそうです。

--値下がりするが地方財政が悪化する OR 暫定税率は維持するが地方財政を潤す
のどちらかを選ばなければならない。

現状)暫定税率を4月以降も延長しようとしたが民主党の反対により3月末までに成立できなかった。→揮発油税、地方道路税、軽油引取税、自動車取得税の4税の暫定税率が3月末で失効(5年間の期限切れ)→ガソリンには1リットル当たり25・1円が減り下がった。

現状)暫定税率が失効→2億5600万円の減収→地方財政が困難に(急医療対策用は991件、通学路は1781件、防災関連は1472件の合計4244件の事業が凍結)→格差社会の拡大を懸念

改正案は衆院で2月29日に可決されて参院に送られていた→送付後60日以内に結論を出さなかった→憲法の規定によって、衆院の3分の2の賛成で成立し復帰した

民主党は頑張ったかもしれないけど、結果、期限内に結果をだせなかったことで、私たちは
振り回されただけ。

政権交代を狙う民主党はことあるごとにこのような攻撃にでるでしょう。それがたとえ
政権交代につながっても国民は目先のことに振り回され続けるだけで耐えるしかないのでしょうか?

○そのほかデパート合併について、外資系ホテル東京進出の理由、1円の円高で100億円以上
損する自動車メーカーのしくみ、など2P経済に強くなるコツ・メリットについて
アデコ スタッフ向け冊子Acurio(7月1日に発売)に取材されました。

スポンサーサイト

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック