FC2ブログ
I always next to you
Life is full of opportunities. Try little bit harder and make dreams come true.


プロフィール

理佳の魂

  • Author:理佳の魂
  • 生活経済ジャーナリスト
    豪州・香港滞在後、中国・シンガポールで会社設立に携わる。
    TV・雑誌・新聞などで活躍する傍ら大学で講義も持つ。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



○中国の4大国有銀行の中国銀行がサブプライム問題で約1350億円を損失計上しましたが純金利収入の増加などで増益となりました。1月から中国銀行がその影響は軽微だと伝えていたようになりました。中国の4大銀行を合計しても日本の大手銀行の損失1兆2460億円よりも少ない。米国経済への依存度は日本のほうが強く、今後も効果的な政策がない限りは改善には時間がかかりそうです。

○その改善策の一つとしてガソリン税などの道路特定財源の廃止があります。第一生命経済研究所は、2008年度は1世帯平均で年間3万2000円の負担減になり、公共事業は減るものの家計の消費も増えいずれはGDPを押し上げると試算。一般の家計にとっては助かります。
○平均135円のガソリン代のうち25円の暫定税率分、1兆9000億円の税金が減れば新潟県の工事などがストップ、地方の活性化は減退することになります。一般財源化する場合には地方財政は守るとしてますが、どうなるのか?地方においての貧富の格差は拡大する可能性もあります。

日本少子化対策の財源は欧州に比較して10分の1以下でしかありません。
○ウーマンtypeの次号(5月13日発売号)の
『35歳で理想の生活を手に入れる方法で取材されました。
○講談社ファッション雑誌Style6月号(4月26日発売)では
「オンナ30をめぐるゆれる思い、今どきの30歳って」で取材されました。






スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック