FC2ブログ
I always next to you
Life is full of opportunities. Try little bit harder and make dreams come true.


プロフィール

理佳の魂

  • Author:理佳の魂
  • 生活経済ジャーナリスト
    豪州・香港滞在後、中国・シンガポールで会社設立に携わる。
    TV・雑誌・新聞などで活躍する傍ら大学で講義も持つ。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



デモ死者が 北京五輪ボイコットが本格化する?
昨夜のニュースステーションで、中国北京五輪前に大変なことが起きたと、デモ隊が弾圧をうけ死傷者がでたようなコメントをしていた。国営新華社通信は「10人死亡」と報道。


場所がチベット自治区なら中国本土の事態とはやや違う。もともとチベットにはダライラマや僧侶らと中国政府との対立が根強くある。チベットが中国に占領されてきた
経由、人権侵害などの多くの問題である。


「中国政府はダライ・ラマ14世と対話すべきだ」とするブッシュ大統領の強い見解も
あるように、平和を指示しているダライ・ラマを表彰している。

アメリカもダライラマも、スーダンに武器を輸出し、間接的に戦争を支持している中国を批判している
わけだ。

アメリカが北京五輪そのもををボイコットしたら、大変なことになる。もしかしたらアメリカのすべての選手が北京五輪ボイコットすることになるかも。

そうさせないためには、中国がスーダン石油獲得と武器の輸出をストップするしかない。

こんなことを予測して前に書いた記事がある。
スピルバーグ監督の五輪芸術顧問辞任と米大統領
北京五輪ボイコットが叫ばれる背景とは
スポンサーサイト

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック