FC2ブログ
I always next to you
Life is full of opportunities. Try little bit harder and make dreams come true.


プロフィール

理佳の魂

  • Author:理佳の魂
  • 生活経済ジャーナリスト
    豪州・香港滞在後、中国・シンガポールで会社設立に携わる。
    TV・雑誌・新聞などで活躍する傍ら大学で講義も持つ。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



中国国家品質監督検査検疫総局 反日派 極端分子過激派の責任
中国製ギョーザの犯人は
中国国家品質監督検査検疫総局の魏伝忠副局長が
<極端分子、過激派>の犯行かもと指摘しています。

それが本当かどうかわかりませんが、
確かにここ数日の新聞の1面にはギョウザ問題の隣に領土について書かれていました。

それに過激派の動きはこのところ目立っていたため、
1月は活動家に対しての取り締まりが強化されました。
1月21日には外交部領事司の魏葦司長が
「外交部は海外渡航に関する注意勧告をさらに強化する」とし、
さらに領事保護立法を積極的に推進し、
保護立法の構想を模索・検討する方針で法案の早期制定を目指す、としています。

また国際NGO(非政府組織)の「国境なき記者団」などによると、
昨年末に国家政権転覆扇動容疑で拘束された北京在住の
人権活動家が、公安当局から逮捕を知らせる通知が1月30日家族に届いています。

だけど日本だけではなく、インドの領土といわれているシッキム州や、
双方の主張に隔たりの少ない北部ウッタランチャル州へも
昨年から侵入している、ことが問題になっています。

いろいろめんどうくさいことに拡大しそうだなあ~~~~
スポンサーサイト

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック