FC2ブログ
I always next to you
Life is full of opportunities. Try little bit harder and make dreams come true.


プロフィール

理佳の魂

  • Author:理佳の魂
  • 生活経済ジャーナリスト
    豪州・香港滞在後、中国・シンガポールで会社設立に携わる。
    TV・雑誌・新聞などで活躍する傍ら大学で講義も持つ。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



旧正月 中華街 食品問題で客足減少
中国は今日は大晦日。明日から旧正月です。
どこの会社もお休みです。

中華街は、最近、いつ行ってもがらがらです。
私が何人かの中華街の人に取材したところ客足が減少したのは
1)中華街に飽きた(新鮮なイベントや店がない。よしもとがでてたけどイマイチ)
2)中国に数万円で旅行に行けるようになった
3)みなとみらいなどに客が流出した(実際にはみなとみらいは一時的)
4)老華僑5万人の3代目(中国語話せない、中国行ったことない)が
経営者に交代し、古い客が逃げた。

なんといっても、ここ数年の中国食品の風評による影響は大きく、
その月は2割ずつ下がっています。

特に地方からの観光客は減少、その代わり中国、韓国からの観光客は増加しています。
その理由は東京のホテルは安いから。東京を見学したあと、横浜中華街で食事して
横浜のホテルに宿泊するのです。

市役所も移転する予定もあり、2年後のみなとみらい線池袋延長がされるまで
我慢だと中華街の華僑の声です。

中華街には台湾と大陸と2つのグループにわかれていて、いろいろ派閥があります。
昔は広東料理や上海料理(出身者も同じ)でしたが、最近では8割が福建省出身者に
入れ替わっています。福建省の若い人は我慢強くビジネスがうまい。

私もこのところ実家によく帰省していますが
正月実家に戻る日本人が多いように、旧正月は中華街にくる中国人が増えます。
特に今年の旧正月は日本人より中国人の姿が目立つことになるでしょう。




スポンサーサイト

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック