FC2ブログ
I always next to you
Life is full of opportunities. Try little bit harder and make dreams come true.


プロフィール

理佳の魂

  • Author:理佳の魂
  • 生活経済ジャーナリスト
    豪州・香港滞在後、中国・シンガポールで会社設立に携わる。
    TV・雑誌・新聞などで活躍する傍ら大学で講義も持つ。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



利益のでない食品業界の問題点
食品業界は、給料がもっとも低い産業としてランキングされています。

食品業界はもともと利益がでずらいところに原油高によりますます厳しい状態に陥っていて、企業倫理など考えられない、あらゆるコスト削減をせまられているのです。

昨日、知人が購入した冷凍食品をスーパーに返品にいったところ、「レシートがないから」と拒否されました。文句をいったら「消費者センターにでも電話すれば」といわれたそう。アルバイトだからと問題意識がなさすぎですね。

2週間ほど前近所のSEIYUで冷凍食品が4割引で大セールをしていました。
もう業界ではすでに薬品の混入など噂になっていたわけですね。

同じように中国では、原油高だけでなく人民元切り上げによりもっと利益がでづらい構造
です。忘れていけないのは、中国には9億もの農民がいること。5元しかランチ代を払えない地方に住む中国人を相手に商売をしなければなりません。質にこだわれる状態ではないのです。

また工場で働く労働者たちのほとんどが農家の子供で学校も行っていない、洋式のトイレどころかまともな汚水処理設備さえない家庭の出身者が多いため「痰を捨てたら罰金、ごみを捨てたら罰金」などとかかなければ、工場の規則は守れない。農薬の危険さえも知らない。
だから地方の中国人からみれば日本人は食に敏感すぎるようにみえてしまうわけです。

北京五輪のため、羽田ー北京便の増加されることが見込まれていましたが、
この問題が長引けば、難しくなる可能性も。





スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック