FC2ブログ
I always next to you
Life is full of opportunities. Try little bit harder and make dreams come true.


プロフィール

理佳の魂

  • Author:理佳の魂
  • 生活経済ジャーナリスト
    豪州・香港滞在後、中国・シンガポールで会社設立に携わる。
    TV・雑誌・新聞などで活躍する傍ら大学で講義も持つ。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



中国製土鍋・中国からの輸入トラブル
<中国食のトラブル体験>
私が中国で缶詰を買おうとしたとき、近くにいた日本人の医者が、
缶詰の裏の成分表をみながら
「日本ではだいぶ前に使用が禁止されているものばかりだよ」
といわれたのを思い出しました。
日本製のソーセージを食べれば、脂肪の固まりがでてきて歯ぐきが落ちたり、食に関しては本当に悲惨な思い出ばかりでした。
スーパーでは日本よりも照明によって農薬問題になったキャベツなどの野菜も、きれいに見えるように工夫されていましたが、
食品業界はまだまだ未熟です。
「鶏肉は中国からの輸入が多いから食べないようにしている」と
香港人がこぼしていたことも納得できました。

<札幌市で中国製土鍋から鉛が溶け出した><アメリカで中国産原料を使ったペットフードによりペットが脂肪>
中国国内への輸入手続のときに製品に添付するラベルは品質と監督検査を受ける必要があったものが2006年4月から事前審査制度がなくなり、輸出する企業は食品ラベルの中国国家基準に基づいて自分で作製することになりました。WTO加盟後、国内市場は開放をせまられている中で海外への輸出に関する法律も改正されているが、その内容はまだ
未熟で、先進国とはかけ離れている。特に中国は各省での輸入管理体制
に区切られているため管理部門の一人一人の監査にゆだねられています。


<パナマで中国製偽造風邪薬で100人が死亡><偽造ミルクで赤ちゃんが死亡>
中国の会社はその住所の直轄地である省で許可をもらわなければ
開業できない法律になっていますが、無許可で設立している企業が多くあります。特に地方では地方財政が苦しいため取締りが難しいのが現状です。仮に法に反しても罰金が少額なため違反することの重大さを企業側は理解していません。法律がよく変わるため目先の資金集めに必死になり会社を設立しては倒産させることを簡単に繰り返すといったことが
起きています・・・・

このような状況は、地方と中央の格差・構造問題によって解決の邪魔をしています。国内でのこのような問題が解決するには市場経済に完全に移行しなければ直らない、あと10年はかかるでしょう。



スポンサーサイト

テーマ:なんて事だ?? - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

すみません、質問です。

>日本製のソーセージを食べれば、脂肪の固まりがでてきて歯ぐきが落ちたり、食に関しては本当に悲惨な思い出ばかりでした。

この件に関して、日本製のソーセージを食べるとってことですか?

【2007/06/16 14:11】 URL | はまゆう #BzN1Ennk [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック