FC2ブログ
I always next to you
Life is full of opportunities. Try little bit harder and make dreams come true.


プロフィール

理佳の魂

  • Author:理佳の魂
  • 生活経済ジャーナリスト
    豪州・香港滞在後、中国・シンガポールで会社設立に携わる。
    TV・雑誌・新聞などで活躍する傍ら大学で講義も持つ。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



世界同時株安
CNNで株価下落は中国株が引き金といっていました。
中国市場全体では9%下落していることを
アメリカのマスコミがとりあげていました。

確かにアメリカの資金が流入している香港ハンセン市場は
3%下落していましたが、
世界中の株価が過熱しすぎていたため、どこかが下落すれば
アメリカに影響し、さらに世界中に連鎖反応を起こしたのです。

ファンダメンタルな面で中国を恐れていたのではなく
テクニカル的な面での発端としての中国を恐れていたわけです。

毎年、旧正月明けは低迷する中国、十年で10倍になった
中国株は急騰しすぎていました。

世界的な影響は一時的なものですが元には戻らないと思います。
今は、けし掛けた中国の市場、旧正月明けの調整に注目しておく必要があるでしょう。

反米感情からチェルニー副大統領がテロに狙われるような
ことが再び起きれば・・長引く可能性はありますが。





スポンサーサイト

テーマ:株式投資の極意を学ぶ - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック