FC2ブログ
I always next to you
Life is full of opportunities. Try little bit harder and make dreams come true.


プロフィール

理佳の魂

  • Author:理佳の魂
  • 生活経済ジャーナリスト
    豪州・香港滞在後、中国・シンガポールで会社設立に携わる。
    TV・雑誌・新聞などで活躍する傍ら大学で講義も持つ。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画 パルムドールとフラワーズ
カンヌ国際映画祭事務局が最高賞「パルムドール」を競うコンペティション部門の出品作に北野武監督の新作「アウトレイジ」を選んだそうです。

日本の極道の本当の世界、バイオレンス描きたかったのだろうけど、ストーリー性も低く、演技力なのか映像の撮り方なのか迫力もいまいち、エンターティメント性もいまいちでした。定年前後の男性鑑賞客が多かったけど、人情や礼儀などどこかヤクザに憧れる部分もでてもいいはずなのに、なんか人間性の重さの出し方が薄く、チャンバラごっこでした。


フラワーズ http://flowers-movie.jp/index.html

見終わった後は、いつの時代も女性たちは、与えられた環境の中で自分なりの決断をしていく女性の生き方は多様化しても強く生きていこう、という気持ちになります。

でも、回想シーンが多く、その時代の女性のつながりがわかりにくかったです。昭和11年、親が決めた人と10代のうちに結婚させられる蒼井優。昭和30年、夫が他界しても想い続けて再婚しない竹内結子。仲間由紀恵は、母体が危険でも子供を産むことを優先して他界する。現在は彼とわかれたて一人でも子供を産むことを選択する鈴木京香。大物女優がそれぞれで感動的なシーンをつくってはいますが、時代錯誤しすぎてわかりずらかったです。大物女優が出すぎていた気がしました。

スポンサーサイト
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

菊池凛子
菊池凛子といえばアカデミー賞の助演女優賞にノミネートされていますが、富士通のパソコン「FMV」でもキムタクとCMで共演しています。

「シャネル」のデザイナーから提供されたドレスを着る予定です。若者人気低迷に悩んでいるシャネルの人気も菊池凛子によって注目されるでしょう。

経済効果について2月2日付けの東京スポーツで取材されましたが、
私は274億円と見込んでいます。
欧米での日本人の映画や女優の評価が高まることも嬉しいです。
まあ、受賞されたらの話ですが。






綴り字のシーズン
試写会に行ってきた。アメリカの現代社会の病める家族の典型。その問題提示はとてもステキな切り口なんだけど,プリティウーマンのときの単純なリチャードギアが好きだったけど。老けたからかな?
途中、居眠りしてしまったのは私だけではなかった。ね!
お隣の初老の紳士様と左斜め前のシャネラーさん!
テーマ:映画館 - ジャンル:映画




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。