fc2ブログ
I always next to you
Life is full of opportunities. Try little bit harder and make dreams come true.


プロフィール

理佳の魂

  • Author:理佳の魂
  • 生活経済ジャーナリスト
    豪州・香港滞在後、中国・シンガポールで会社設立に携わる。
    TV・雑誌・新聞などで活躍する傍ら大学で講義も持つ。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ノーベル経済学賞 男女賃金格差公表義務で逆効果の理由
1)ノーベル経済学賞 男女賃金格差の理由は
●新卒では給与は同じ(都市部では女性のほうが高い)→しかし子供ができて労働時間が減る。数年後のブランクの後、復帰しても給与が戻ることはない
「管理職が少ない」「職種の問題も」→IT、医者、研究員、大学教員などの高収入の職業に女性が少ない→職業内の格差も
日本:低収入の非正社員、パートが多い


2)●女性賃金格差、他にも理由がある!実はこれが本当の問題!米国では7割
「unexplained gender pay gap」、つまり「説明できない男女格差」と呼ばれ、近年、諸外国で大きく問題視されている。
→①中途採用では過去の給与を参考にして決めることも(高学歴でも、働いた経験、職業が少ない女性は不利に)
2⃣平均勤続年数が少ないから年収が低い
3⃣報酬の高い職種を男性は選び、低い職種を女性は選んでいる女性が多い『男女間の賃金格差の主な原因は、女性が看護師になり、男性が医師になることである』という古典的な理由
④女性はすぐ辞めるから任せられないなどの差別

3)<日本企業でも男女賃金格差公表義務>
若い人が多い新興企業はいいが、中高年が多い大企業では格差が30%にものぼる
新卒採用、ESG投資の面で悪影響も懸念
女性社員を増やすと、数字の上では格差拡大
非正社員の女性を正社員にすると女性の比率が高くなり計算上かえって格差が拡大する。時短勤務すると給与が減る→時短勤務しないほうがよくなる

スポンサーサイト




COSTA コンビニ コーヒーマシーン
COSTA 2台
COSTAイギリスのコンビニにありました。おしゃれですね

イギリスで人気のカフェ 日本に上陸 COSTA
COSTA値段
今、注目の外資のコーヒーチェーン店、日本ではコンビニにペットボトルで売られているのが主流です。店舗数を増加させるようですが、本当に売れるのか心配。でもイギリスの店を見てみると、人気の秘訣がわかりました。大人っぽいジャズテイストのスターバックスと違い、キュート、かわいくて、女子大生から大人可愛い女子をとりこにしています。
イギリスでは、スタバよりも人気、もちろんドトールよりも人気でいたるところに店やコーヒーマシーンがありました。

ダイヤモンドオンライン
ダイヤモンドオンライン 連載 おひとり様がお金に困らない方法

2023年4月28日公開
58歳、貯金100万円の夫。
妻との死別に備え始めたおひとり様の3つの準備
https://diamond.jp/articles/-/321606

以下も人気
55歳で貯金100万円だったおひとり様
定年後を幸せにした5つの準備

23年4月19日JWAVE JAM THE PLANET 出演しました。
「週休3日制。公務員も導入で普及が加速する?でもデメリットも」
という話題です。

「働き方改革」もあり、ここ数年、
週に3日休む「週休3日制」が注目。

「公務員」でも週3日制度を導入しようとしている。
今年の夏には、法改正案に盛り込むことが検討されている。

※①公務員の残業は相変わらず多くて、
長時間労働が解消できない実態がある。

②それによって、人材においても、霞が関離れが進んでいて
2023年度の国家公務員の試験を受けた人は、
過去2番目に少なくなっている。全体ではここ「10年で3割近く」減っている。

1)8時間労働を週に5日勤務すると1週間で 40時間ですね。これを週に4日しか勤務しないとなると1日10時間勤務になる
2)単純に、1日の休日を増やすすだけ、その代わり、効率よく集中してもらい「 仕事の成果をみる」方法をとっている企業も
3)1日分の給与が減る

公務員では給与は代わらずに1つめの1日の労働時間を延ばすパターンになるだろう。

ただ、今回の法改正案では、
「フレックスタイム制」を利用することを条件としていて
つまり、出社、退社の時間は自分で決められることになる。

しかし、
国家公務員の場合、国が定める祝日は休まなければならないという
「勤務時間法」もあり、

実際には難しいのでは…という声も。

週休3日制のデメリットは?
「週休3日制」の制度は「変形労働時間制」という、
法律上の制度を利用したものとなる。

労働基準法32条では、1日に8時間、1週間に40時間を超えて
労働者が働いた場合には、残業代を支払わなければならない。
しかし、
変形労働時間制は、その規定の例外になり。
1週間という単位ではなく、一カ月、一年という長い期間内に、「平均」の労働時間が 所定労働時間内に収まれれば、法律には違反しないものとして扱われる。

残業をしても帳尻を合わせで、勤務時間を正しく把握しにくくなる恐れがあり、
それによって病気になっても労災に認定されづらくなるのではないか、
という懸念も。

でも、 これまでの実例から、効率化されるので、会議が減る、欠勤が減る、
燃え尽き症候群も減ったという効果もある。
    ※働く側は、勤務時間をちゃんと自分でもつけて、自己管理して、
バランスよく気分転換することが大事。