I always next to you
Life is full of opportunities. Try little bit harder and make dreams come true.


プロフィール

理佳の魂

  • Author:理佳の魂
  • 生活経済ジャーナリスト
    豪州・香港滞在後、中国・シンガポールで会社設立に携わる。
    TV・雑誌・新聞などで活躍する傍ら大学で講義も持つ。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



安くなる月に家電製品を買うこと
「新年度でも家電製品買うのは待った」

新年度が始まり、引越したり、新しく家電製品を購入する人も多いだろう。
でも、洗濯機、冷蔵庫、掃除機、炊飯器、エアコン大型・小型、オープンレンジ、パソコンなどは、いつもより半額以下で買える月がある。たとえば、5月は電子レンジが安い。
6月から8月は洗濯機。
8月から9月は掃除機。
エアコンは10月から11月が安い。

家電製品を買う時には、
1)新型モデルの1ヶ月後から徐々に旧式が安くなる。
2)家電量販店の決算月 2~3月、8~9月
3)需要の少ないシーズンオフ エアコンなら夏冬以外、テレビなら五輪の夏以外など
これらを逆算して、何を買うなら何月がいいなどと1年のスケジュールを立て、計画的に購入すること。

1) のモデルチェンジの時期は、家電量販店の各部署やメーカーに問い合わせるとわかる。
モデルチェンジのおよその目安:洗濯機は縦型が6~8月、ドラム式は9~11月、炊飯器は6~8月など。

2)の決算月は、どうしても売上を上げたいために製品を売り切りたいところ。特に最後の日曜日の夕方は値切りやすい。

 3)需要時期:液晶テレビは、五輪、甲子園などのイベント前、その最中は購入者が増えるため高くても売れる。その後安くなるが、今年は要注意。2018年12月から「4K放送8K放送」が始まるため、それ以降が安くなる可能性がある。

 洗濯機は、従来の縦型は6月から8月に新型が出回ることが多い。そのため、翌月の9月から徐々に旧式が安くなり4月頃がおトクになる。

ドラム式は9月から11月の秋に新型発売が多い。その後、徐々に安くなり、梅雨時期の6月が狙い目。

エアコンは、需要の多い夏以降の10月11月が底値。ちょうど新型発売の春から半年以上経つ秋が底値。

電子レンジは6~7月に新型が出るためその後から下がり始め5月が底値。
パソコンは、年に4回新型がでる。モデル半年以上経過すると半額になるときも.



スポンサーサイト

値上げ対策スーパー買い物方法
スーパーでは、5分間買い物術の節約方法がある。
1 逆回りに買い物する。
まず、チラシをチェック、懸賞をチェック

2、見切り品からだいたい選ぶ
3、お創菜から魚肉のメインを決める
4、最後に野菜など
他のお客さんと流れが逆なので、早く急いで買わないとという意識になる。

「島陳」(ダンボール箱や棚の上に商品を置き、島のように陳列している)→調味料など安いものもある
→どうしても欲しいもの以外は目もくれない。
→調味料は100円ショップで購入できる
コーナー端の「エンド」に新商品のやや安めのものがある(馴染みがないので買わない人が多いため、またPR用にも安く設定されていることが多い)
→同じもの買う予定だったら新商品で安くなっているものを
「突き出し」コーナーには、目玉も



年金未納者への強制徴収、値上げ、助成金&確定申告
柏木理佳 メルマガ 2月号
年が明けたと思ったらもう花粉の時期ですね。雪の悪影響でこの春も値上がりが続きそうです。支出の多い年度末になりますが、確定申告や助成金を活用して支出を控える工夫をしてみましょう。

2月メルマガ内容
1 4月から年金未納者への強制徴収が強化
2 春も値上げ
3 年度末、得する助成金&確定申告

1 4月から年金未納者への強制徴収が強化
国民年金の未納者には年間所得300万円以上、14ヶ月以上の滞納者には強制徴収(車、銀行口座などの財産の差し押さえ)を実施しているが、実際、強制徴収できたのは全体の1割程度。納付率は65%と低い。そこで今年4月からは滞納「7カ月以上」に短縮、さらに厳しい対応を取るようになる。免除の申請をしないと損する。目安として所得158万円から納付義務が発生するが、所得が高くても配偶者から暴力(DV)を受けた人、学生などは免除・猶予がある。免除期間がある人は、過去10年間追納ができる。
 
2 春も値上げ続く
納豆20円、冷凍食品のうどん、お好み焼き、たこ焼きが約25円、家庭用アイスクリーム(森永乳業ピノなど)は50円、ポンジュース60円、格安ワイン約20円、居酒屋のビール約30円、パックご飯15円、小型タバコが1箱40円、コーヒーに入れるクリープ60円、電気代70円、ガス40円。車のバッテリー、入院中の食事が1週間分で1万円、診療報酬改定料0.55%・・・老朽化で水道料、生命保険料、ゆうパック、車のバッテリーなど。さらに雪の影響で野菜、不漁でうなぎが120万円取引など・・・。賞味期限ない乾麺などを買いだめ、タダ野菜ドットコム、冷凍野菜、ポイント貯めるなど節約しても家計への影響は年間1万円以上にもなる。

3 年度末 得する助成金&確定申告
 確定申告するなら、給与所得控除、配偶者控除以外にも離婚&年収500万以下の場合は、「寡婦控除」(27万円OR35万円)がある。「医療費控除」は家族で年10万円以上の場合、「特別支出控除」はスーツ、ワイシャツ、資格取得、通勤費などが適用されるが、領収書+会社の証明、さらに控除額の半分以上(例)年収600万で87万以上使った場合に限る。

12月に次いで支出の多い3月は、買う前に、まずは住んでいる市町村の役所のHP、またはアプリで助成金補助ナビhttps://www.hojonavi.jp/などを確認して欲しい。小田原市はチャイルドシートの無料貸出、目黒区はレンタル15%割引、茨城県日立市では新1年生全員にランドセル無料配布、歩くだけでもらえる健康ポイント制度は全国に広まりつつあり、商品券にかえられるところもある。


柏木理佳(かしわぎりか)生活経済ジャーナリストhttp://www.kashiwagirika.com  iwrikaa@d3.dion.ne.jp、 Kashiwagirika2016@gmail.com豪州、香港、中国に在住後はシンガポールにて会社設立に携わる。豪州ボンド大学院MBA取得後、嘉悦大学准教授を経て、育児中に博士号取得。北東アジア総合研究所客員研究員など。

1~2月の言論:2月22日日刊ゲンダイ 猫も格差社会 2月20日 女性自身 100万円の預け先 2月9日日刊ゲンダイ 残業代カットで深夜働くパート増 1月30日 フジテレビとくダネ 年金問題 未納者を強制徴収 1月23日 MXモーニングクロスコメンテーター 通常国会働き方改革 1月16日 bayFM 税制改革の特徴、1月15日 テレビ朝日スーパーJチャンネル 深夜早朝働くパート主婦増加、1月11日日刊ゲンダイ値上げの年賢い駆け込み消費、1月9日 テレビ朝日スーパーJチャンネル 配偶者控除など働き方改革で今年は労働人口が過去最高に!1月7日 MX 激論サンデークロスコメンテーター プライマリーバランス&消費税増税など。


2018年値上げカレンダーと対策
<得する人!(値下げ編)>
★生命保険、自動車保険(事故減少により基準改定により)
★家具・生活雑貨-無印良品、イケアなどが値下げ
★携帯電話―楽天の参入など
★PB(プライベートブランド)商品のあるコンビニ、スーパーでの日用品の値下げ
★4月からがん患者用の薬オプジーポの値下げ

<損する人!(税制改革編)>
★パート130万円から150万円の人―1月からパート妻年間所得130万円を超える人(100万以上で妻に住民税(東京都で101万で7000円)、さらに社会保険料17万円~20万円かかるため129万円所得より減る。

⇒●対策:タダ野菜ドットコムhttp://www.tadayasai.com/ で野菜を無料でもらう
★高齢者の自営業の富裕層:年金以外の所得が1千万円以上の場合、10万円増加
⇒●対策:小規模企業共済:年金がわりに自営業者、フリーランス対象の積立制度、月々掛金7万円まで非課税。
⇒●対策:個人型確定拠出年金(iDeCo)」解約できる60歳まで運用益も非課税に。
⇒●対策:青色申告で65万円の控除可能、赤字なら3年間さかのぼることができるように。



税制改革で得する人 損する人
2018年得する人 損する人 税制改革で、どう節約する?!生活経済ジャーナリスト柏木理佳http://www.kashiwagirika.com

得する人!
① 医療関係者:医師らの技術料や人件費に当たる診療報酬の「本体部分」は0・55%のプラス。介護報酬も0・54%引き上げる。
② 介護事業経営実態調査によると、全サービスの2016年度の利益率は平均3.3%。
2015年度に介護報酬が引き下げられたことで、前回2014年度調査の7.8%に比べ縮小しました。
③ 企業:3%の賃上げを実現した企業は税金を25%に。+技術革新のための生産性向上に取り組んだ企業は20%まで下げる
④ 二代目経営者:親の会社を引き継いだ相続税、事業承継税制
⑤ フリーランスには減税
⑥ひとり親世帯:児童扶養手当の対象を子ども1人の場合(最大月4万2290円)支給対象は「年収130万円未満」が、来年8月分から「年収160万円未満」までとなり、より多く働きやすくなり、約55万世帯で支給額が増える。

★節約方法―自営業者、フリーランス対象の積立制度、月々掛金7万円まで非課税。
★節約方法―青色申告で65万円の控除可能、赤字なら3年間さかのぼることができる。
損する人!
① 所得の高い会社員:選挙に影響力のある団体に所属していない会社員の所得税増税 850万円以上の会社員(年収900万円=年間1万5000円、1000万円以上=4万5000円も増税)、22歳以下の子ども&介護者との同居者以外=4%程度の230万人ほど)5割以上が年収400万以下だが、高所得者の消費が抑制され節約思考、飲食、サービス業などが打撃を。
② たばこ吸う人:たばこ税、2021年までに段階的に1本3円増税、加熱式たばこは5年間で70%から90%増加
③ 年金生活の富裕層:公的年金控除、
④ 高齢者の自営業の富裕層:年金以外の所得が1千万円以上の場合、10万円増加
⑤ 海外出張の多い人:出国税1回1000円


★定年を迎える人への節約方法
―退職金は、一時金で受け取ると「退職所得」、年金だと「雑所得」だから一時金で受け取るほうが得


全員得すること:基礎控除38万円が48万円に。
全員損すること:給与所得控除10万円減少(年収850万円以下)
全員:森林環境税2024年から1000円。

節約対策:住宅
―共働きの場合⇒2人が連帯保証人にならずにローンを組むと、それぞれ住宅ローン控除が受けられる
―すまい給付金⇒消費税8%なら最大30万円(床上面積50ヘーホーメートル、収入510万円以下)
―住宅特定改修特別税額控除、改修費用の10%(最大200万円)の控除(要介護者との同居の場合)
―省エネリノベーション促進事業費補助金、最大150万円(中古住宅に壁や床に断熱材を入れる「高性能建材」、家庭用蓄電池「蓄電システム」はさ50万円など。